フルーティスト 加藤夕葵 プロフィール

常盤木学園高等学校音楽科を経て、武蔵野音楽大学卒業。2014年、渡独。翌年ハンブルグ音楽院 Aufbaustudium に入学。

これまでに三浦美妃、吉岡アカリ、ウルリケ・ヴァイセンヒルツ、ヴォルフガング・リッター、の各氏に師事。

「第15回武蔵野音楽大学インターナショナル・サマースクール・イン・トウキョウ」にて、マクサンス・ラリューのクラスを受講。

在独中、デニス・ブリアコフ、フェリックス・レングリ、のマスタークラス終了。

「山手の丘音楽コンクール2012」フルートソロ部門第2位。

「コンセールヴィヴァン」第30回新人オーディション合格。

2011年、自身初のソロアルバム「夕がお」をリリース。日本の名曲(童謡)を中心に、日本の美しいメロディをクラッシックアレンジ。フルートで奏でる美しい演奏で各方面で好評を博す。

現在クラシックやポップス等、幅広く演奏活動を行う。又、後進の指導にもあたる。

プロフィール

加藤夕葵 NEWアルバム

「夕がお」

2011年12月20日 リリース